やっぱりゲームが好き!     〜ファミコン世代の       懐かしゲーム回想記〜

借金してゲームを買った。コントローラーを握ったまま寝落ちもした。                〇〇〇しながら〇〇〇〇もした・・・そんな自分がプレイしたゲームについて、好き勝手に綴ります。

ファミコン

【第53回 スターラスター】

実はこのスターラスター、今でも気になって仕方がないゲームの一つだ。 当時はシステムが複雑すぎて、何をどうすれば良いかも分からず、敵にやられ、ベースで回復、結局デカい球体のボスに撃墜されるだけのゲームだった。 しかし、少しずつゲームの情報が得…

【第52回 ルナーボール】

なにを考えたか、このゲームを買ってもらった。 親へのプレゼンでは、頭を使うゲームだからという事を一生懸命話した気がする。 ゲーム内容は、ビリヤードだ。 ただ、台の形が単純な長方形ではなく、変な形のものがたくさん用意されている。 そして、的玉は…

【第51回 いっき】

元々はアーケードゲームだったそうだが、ファミコン版しかプレイした事がない。 正直すぐやられてしまう事と、竹やりが役に立たなさすぎる事しか覚えていなかった。 あと、主人公の農民が敵である忍者に鎌を投げて倒すのだが、投げたい方向へ投げることがで…

【第50回 ポートピア殺人事件】

いわゆるアドベンチャーゲームと言われるジャンルのゲームだが、アドベンチャーは冒険という意味であり、RPGやアクションもアドベンチャーだろうと、ずーっと思っているがどうだろう。 こういうタイプのゲームは、もちろん初めてだった。 パソコン用のゲーム…

【第49回 バーガータイム】

このゲームは、塗りつぶし型に分類されるだろう。 ハンバーガーのバンズ、パティ、チーズなどといった具材がフロアに配置されており、その上を歩いて下へ落としていく。 下の方へ具材を落としていき、落とし切ってハンバーガーを4つくらい完成させたらステ…

【第48回 パックランド】

当時、ファミマガで紹介されていた、ポップでカラフルなゲーム画面を見て、なんか面白そうだなと思ったのが第一印象。 結局親にお願いして買ってもらった。 パックマンの操作方法は、十字ボタンで移動、Aでジャンプなどではなく、AとB連打で移動、十字ボタン…

【第47回 マッハライダー】

任天堂がディスクシステムをメインにする前、最後のカセット。 まあ以前のF1レースの焼き直しという印象だ。 変わった点は、自分が弾を打てるようになった事、スリップするゾーン(水たまり、オイル、マキビシ?、冬)がある事・・・くらいか? 上手な人の動…

【第46回 忍者じゃじゃ丸くん】

ジャレコの忍者くんシリーズ第二弾。 このゲームも、そのステージにいる敵8匹を全部倒したらステージクリア。 2画面分横スクロールする4階建ての屋敷が舞台で、壊せる床の中に、時々パワーアップアイテムや、得点となる小判、トラップの爆弾が隠されてい…

【第45回 キン肉マンマッスルタッグマッチ】

このゲームは、結構プレイした記憶がある。 キン肉マンがかなりブームになっていたため、周りで持っている友達も多かった。 改めて動画を見ると、キン肉マンぽくはあるが、二頭身にデフォルメされているため、なんとなくそれと分かるけど・・というキャラデ…

【第44回 チャレンジャー】

記憶では、このゲームの前評判はとても高かった気がする。 ハドソンも結構自信をもって宣伝していたような気がする。 このゲームも、裏ワザ全盛の時期に発売されただけあり、本当に隠された技や、やってみたらこうなる的なものもあった。 シーン1の列車でま…

【第43回 ルート16ターボ】

このゲームは迷路だ。 自分は迷路が好きだ。 という事でこのゲームが好きだった。 動画をチェックしたら、やっぱり迷路だった。 追いかけてくる敵車から逃げながら、迷路に落ちているアイテムを全部回収したらステージクリア。 でかマップに4×4の小部屋が…

【第42回 シティコネクション】

今考えると、このゲームもドットイートタイプで、ちょっとシステムを変えただけだ。 当時は、結構面白いと思っていたが、子供ながらに結構腹を立てながらのプレイでもあった。 サイドビューで4段に配置された道路を走ることで道路が塗りつぶされ、すべてを…

【第41回 プーヤン】

画面固定のシューティングゲーム。 主人公プーヤンは、ゴンドラに乗って、画面右はじを上下に動くことしかできない。 敵となる狼軍団は、風船に捕まって下から上へと上がっていく。 上の崖にまでたどり着くと岩を押して、プーヤンの乗るゴンドラの上に落とそ…

【第40回 スーパーマリオブラザーズ】

改めて考えると、この時期にこのゲームがリリースされていたというのは驚きだ。 他社から発売されたゲームでは、まだ固定画面でキャラ数も少なく、音も単調、パワーアップも大したことのないものが多い。 そんな中、全32ステージと多く、地上、地下、海、…

【第39回】バトルシティ

画面固定、トップビューの戦車アクションゲーム。 出てくる敵戦車をすべて倒したらステージクリア。 自機の残がなくなるか、画面下部中央の指令部が敵に撃たれるとゲームオーバー。 フィールドは、弾で壊せるレンガブロック、パワーアップアイテムを取った時…

【第38回】10ヤードファイト

子供のころは、アメフトの事は全然知らなかった。 10ヤードファイトと言われても、アメフトのゲームだとは知らなかった。 今考えると、パス成功で500点とか、タッチダウンで5000点とか、意味が分からない。 スポーツゲームなのに。 当時のゲームは、…

【第37回】ドルアーガの塔

自分は迷路が好きだった。 今でも好きだ。 今でもはっきり覚えている。 友達の家に遊びに行った時に、別の友達が持ってきた「ドルアーガの塔」。 迷路だ! どういう内容なのかは理解しないまま、速攻で親に買ってもらえるよう直訴。 そして家でプレイ。 説明…

【第36回】フロントライン

正直言って、ちゃんと覚えていたのは、マイキャラのおかしな歩き方だけだった。膝から下が、しぱたしぱたしながら歩く。これだけ。あとは、手榴弾投げ放題だった気がする。というわけで、動画を検索。確かにフロントラインだ。射程が短い。今すぐ撃たれてや…

【第35回 ジッピーレース】

こちらもトップビューのレースゲーム。 ほぼロードファイターと一緒だ。 自車と敵車がデカく、動ける幅が極端に少ない。 バイクのレースのはずなのに、他のバイクが出てこない。 なぜか全部車だ。 しかも邪魔の仕方が非常に卑怯。 ぎりぎりまで近づいて思い…

【第34回 ロードファイター】

最高速は400km/h(確か)。 トップビューで、燃料がなくなる前にゴールへたどり着けばステージクリアで次のステージへ進める(はず)。 ある程度クラッシュせずに進むと、コナミマンが画面下から上へと飛んでいき、ボーナスが入る(んだった気がする)。 と…

【第33回 エレベーターアクション】

サイドビューのアクションゲームで、スパイが脱出するためエレベーターやエスカレーターを使いながら、ビルの屋上から地下へ降りていく。 たくさんある各階のドアの中で赤いドアがあり、そこへすべて入って中にある機密文書(という設定だが、機密文書は表示…

【第32回 ハイパーオリンピック】

てー ててて てーてー てーててててー てーててててーてー てーてーてててー。タイトル画面のBGMは今でも記憶に新しい。これまでのゲームも、BGMだけはしっかり覚えている事が多い。内容を思い出せないゲームもあるなか、BGMというのは非常に重要な要素であ…

【第31回 スパルタンX】

このゲームも思い出深いゲームだ。 友達と二人で、プレイしまくった。 当時は、4階の妖術使いの倒し方が分からず、上キック、上パンチで頭を飛ばし、なんじゃこりゃーとなっていた。 分かってからは、そこまで苦労することもなく、ガンガン進んだ。 時々5…

【第30回 スターフォース】

良くやった、ハドソン! と言いたくなるくらい、世の中に衝撃を与えたゲームの一つだ。 シューティングゲームとは、こうあるべきという道を示した。 必死になってプレイしたが、そう簡単ではなく、あまり先へ進めた記憶がない。 まあ、小学生ではそんなもん…

【第29回 レッキングクルー】

今でもBGMが頭の中を駆け巡る、非常に印象深いゲームだ。 はっきりいって、結構難しい。 ビルの解体ということで、壁をぶっ壊していき、全部の壁を壊したらステージクリア。 ナスビ仮面?やバネお化け?、更にはブラッキーという偽マリオやファイヤーボール…

【第28回 フラッピー】

ロードランナーに続くパズルゲーム。 敵がうろうろしているため、なかなか思い通りにいかないが、その敵を使わないとクリアできないステージもあるため、上手に使う必要がある。 ブルーストーンをブルーフロアへ運ぶのだが、重力の法則があるため、下から上…

【第27回 ディグダグ】

このゲームは、かなりプレイした。 やりまくったといっていいくらい、プレイした。 どちらかというと、大学生くらいの時に、やりまくった。 1面あたりでは、当然岩で全滅。 更に、削れる場所はひたすら削って点稼ぎ。 それ以降も、できる限り岩で全滅を狙っ…

【第26回 インターミッション①】

ここまで、1983年7月から1985年5月までに発売されたゲームの事を綴ったが、プレイした記憶はあるものの、あまり内容を覚えていないゲームについて、少しずつ印象を記しておきたい。 ドンキーコングJr:Jrがパパコングを助けに行く設定。調べたら意外と思…

【第24回 けっきょく南極大冒険】

このゲームの最大の特徴は、タイムオーバー以外でミスにならない事。 これはなかなかに凄いことだ。 クレバスに落ちようが、アザラシにぶつかろうが、シロクマに一段落とされようが(ウソ)、ロスになるだけ。 いくら下手でも、タイムの分だけは遊べるという…

【第23回 チャンピオンシップロードランナー】

ロードランナーは好きだったが、このゲームはちょっと嫌いだった。 チャンピオンシップというだけあって、難しすぎる。 また、自分の動きで敵ロボットを誘導するのだが、ちゃんと誘導されているのか確かめるためには、ポーズをかけて確認する必要があったの…